幼なじみ伊作


《概要》
伊作と文次郎は小さい頃から家が隣の幼なじみ。だけど最近、そんな二人の関係にも変化が…?
いつまでも子供じゃいられない!ドタバタ学園ラブコメディ☆彡

 

《キャラクター設定》


伊作
高校一年生。勝ち気で強気。毎朝文次郎を家まで起こしに行くのが日課。文次郎を「文ちゃん」と呼ぶ。
毎日一緒に登下校するせいで、クラスメイトに文次郎と付き合っていると誤解されて嫌がったりする。
生徒会長の利吉先輩に憧れて、生徒会書記に立候補したりする。

    


文次郎
高校一年生。伊作とは家が隣の幼なじみ。空手部所属の体力バカ。よく食べる育ち盛り。
伊作に「文ちゃん」と呼ばれるのが嫌。幼い頃から伊作が好きだが、まったく気付いてもらえない。
顔がこわいのでもてない。恋敵の登場に焦り気味。利吉のことはもちろん嫌い。

    


利吉先輩
2年生で、生徒会長。伊作の憧れの人。空手部の主将。文武両道。超もてる。

   


仙蔵
成績は学年トップ、弓道部のエース。文武両道・才色兼備。文次郎と同じクラス。
伊作とは生徒会書記の座をめぐって争ったのち、親友に。中在家先生が好き。

    


中在家先生
生徒会顧問。寡黙。生徒たちを温かく見守る。仙蔵の気持ちに気付いているのかいないのか。

        

《補足》
・「文ちゃんっ!先に帰るなら一言言えよな!探しちゃったじゃないか」
・「文ちゃんって呼ぶなっつったろーが!バカタレ!」
・伊作指標:3

    

《四の五の言わずに作品例》
「生徒会選挙で大パニック!才色兼備の美人ライバル登場?」の段